ソフトバンク、移動履歴分析しクーポン配信先選別 企業向けサービス 販促効率化促す

9695999993819688E0E09A81978DE0E0E2E3E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO9645982023012016TI5000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ22HSE_S6A120C1TI5000/

これまでもスマホに情報配信するサービスはあったが、チェーン店などが用意したアプリをインストールした人にしか送れないことが多い。居場所や行動履歴などに基づいてクーポンの内容をきめ細かく変えることも難しかった。

ソフトバンクの新サービスは来店したことがない人にも、興味がありそうな情報を届けられる。グループのヤフーをはじめ、ニュースやメール、対話など頻繁に利用するアプリに広告として配信できるようにもしており、潜在客を集客できる効果が見込める。

新サービスの追加で、コンサルティングなどを含む販促請負事業全体の2018年度売上高を15年度比約3倍の100億円に引き上げる。成長が鈍化した携帯電話事業を補完する新たな柱に育てたい考えだ。

契約者全員そうなるのか、キャンペーンに応募した人だけなのかがよく分かりませんでした。