東南ア消費 SNS発 「ファン22万人」の個人ら通じPR 全日空、東北へ搭乗客増

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM26H8D_S7A600C1FFE000/

シンガポールから飛行機に乗り込み、日本の東北地方を旅する女性。そんな様子をSNSに投稿したのはコウさん(27)だ。約22万人ものファンの消費行動に影響を与える。東北を訪れたのは全日空の広告動画を撮影するためだ。担当したアジアオセアニア室マネジャーの渡辺氏は「成果は十分にあった」と語り、全日空便の搭乗客増加につながったことを明かした。

東南アジアは日本や中国に比べ書店に並ぶファッションや旅行の情報誌が少ない。一方、スマホの普及でネット利用者が増加し、特にSNSは急速に浸透。もともと知り合いの声を信じて買い物をする傾向が強いとされ、SNSでの発信力に寄せる企業の期待は大きい。

資生堂はタイでインフルエンサーを活用し、「専科」ブランドの洗顔料のシェアを1年あまりで12位から5位に引き上げた。ロレアルも各国で人気のインフルエンサーを起用し、本人のSNSや自社サイトで商品の使い方などを紹介する取り組みを続けている。

ここまでとは思いませんでした。企業広告としても費用対効果が高そうですね。一人のインフルエンサーが生む価値は大きいです。