「官製春闘」首相正念場に 景気、賃上げ頼み 経団連会長、ベアには難色

96959999889de2ebe4e0eae1e2e2e3e5e3e3e0e2e3e49793e0e2e2e2-dskkzo0962717017112016ea2000-pb1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO09628300X11C16A1EA2000/

アベノミクスは袋小路に入っている。日銀の異次元緩和は限界が指摘され、景気浮揚の即効薬は見当たらない。さえない個人消費を刺激するため、ベアに踏み込んだ首相の姿からは焦りものぞく。

そもそも経営者の賃上げマインドは現在、そう高くない。最も大きいのが収益環境の悪化だ。上場企業の2016年4~9月期決算は4年ぶりに最終減益となった。17年3月期通期見通しもパナソニックなど大手の下方修正が相次ぎ、最高益を更新してきた過去3年とは状況が異なる。

経営・財務面での変化も労使交渉に影響している。上場企業は約100兆円を超える過去最高水準の手元資金を抱えるが、株式配当や自社株買いに資金を振り向ける一方、賃上げには腰が重い。

様々な立場や役割がありますから、それぞれで干渉し合うのは健全な姿ではないかと思います。