発掘 強い会社 レオン自動機 「包あん機」で国内シェア9割 「包む」技術が開花 和菓子から総菜までレシピ多様

96959999889DE2E6EAE4E5E6E6E2E3E6E2E5E0E2E3E4968693E2E2E2-DSKKZO0486746014072016DTA000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO04867440U6A710C1DTA000/

生地を傷めずあんを優しく包む技術は、まんじゅうや肉まん以外でも活躍する。身近な食品では不二家の「カントリーマアム」、ロッテアイスの「雪見だいふく」もレオンの包あん機がつくっている。用途はコロッケなどにも広がり、包あん機の国内シェアで9割を握る「ニッチの巨人」だ。

強みは独自技術を裏付けとした提案力にある。包あん機でつくる新メニューを考案する人材は約80人と、国内従業員のざっと1割を占める。膨大なレシピを蓄積し、それを目当てに宇都宮市の本社にくる顧客は年に延べ約900社。

実はグローバル企業でもある。評判を聞きつけた海外企業の受注が舞い込み、包あん機を含む成形機の海外売上高比率は約4割。ロシアのピロシキ、トルコの肉団子のキョフテなど、その国の名物の生産を支えている。

カンブリア宮殿で見ました。「包む」というコアから様々な展開ができる理想的なモデルだと思います。