情報漏洩、外注管理難しく モラル頼み限界、再発防止策急務に

96959996889DE5E6E6E0E2E3E4E2E3EAE2E5E0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKDZO7442012018072014EA2000-PB1-3

顧客などに関する大量の情報を電子データ化し、管理を外注する企業は多く、再発防止策の確立は急務。従業員のモラル頼みに限界がある中、重要情報へのアクセス管理の徹底などが強く求められている。

不正に入手した個人情報の売買は禁じられており、名簿業者らが不正取得の可能性を疑う余地はあった。しかし、「知らなかった」と言えば不正の認識の裏付けは難しく、いったん外部に出た情報の流通は規制しきれないのが実情だ。

とんだ災難だと個人的には思いますね。企業の取り組みだけでは限界があるんじゃないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です