サイバーエージェント社長 藤田晋氏 起業力、コンサルで磨く

96959999889de2e5ebe7e7e7ebe2e2e1e3e2e0e2e3e48683e6e2e2e2-dskkzo0795563003102016tq4000-pn1-6

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO07955590T01C16A0TQ4000/

大企業に入るつもりはなく、ベンチャー企業を探しました。当時パソナやソフトバンク、カルチュア・コンビニエンス・クラブなどが脚光を浴びていました。ただ、どこも魅力的な事業を抱えており、求めているのは事業を推進する人材。起業を目指す私にはそぐわないと感じました。人を生かすことを第一に考えるリクルート出身者が立ち上げた会社なら早く成長できると期待して、インテリジェンスの門をたたきました。

新人時代に意識したのは、年間5000万円の粗利益を稼ぎだすことです。売上高を目標にする人はいても、粗利益を使うという発想はあまりなかったと思います。早い段階から「こいつは仕事ができる」と評価され、様々な仕事に携わることができました。

人間、会社などから目標を設定されたり、大学受験のようにゴールがみえたりすると頑張れますが、自分で目標を立て、そこに向かって突き進むというのは難しいのだと気づきました。

モノが違うと言って思考停止していては終わりだなと思いました。考え抜くことですね。