女性管理職登用に目標 トヨタや三井物産、20年に3倍 政府の成長戦略に歩調

9695999693819688E3E1E2E28A8DE3E1E2E5E0E2E3E69F9FEAE2E2E2-DSKDZO7420452014072014MM8000-PB1-3

トヨタ自動車は現在約100人いる女性管理職を2020年に3倍にする。三井物産も20年をめどに3倍以上の200人超を目指す。安倍政権が20年までに企業や官庁の管理職の女性比率を30%に高める目標を掲げたことに呼応する。

安倍政権の女性支援策は成長戦略の柱の一つとなっている。女性管理職の数値目標を設定したほか、全上場企業に最低1人の女性役員を登用するよう要請。企業の女性活用や支援策の拡充を促している。

政府の目標に呼応するという動きが大企業中心に生まれていますよね。こういう協力は大事だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です