技術者、転職市場で争奪戦 IoTやAI導入でニーズ 人手不足、異業種・未経験でも

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO17586920S7A610C1QM8000/

リクルートキャリアによると「自動車や電機の大手メーカーの採用計画は3割増が平均値」(大橋製造業担当マネジャー)という結果もあり、採用争奪戦が始まっている。インテリジェンスが発表した5月の中途採用求人数は約17万件で、30カ月連続で過去最高を更新した。

ビッグデータ解析などインターネット系5.87倍、IT通信分野3.27倍、制御基板など開発エンジニア4.55倍。リクルートキャリアがまとめた5月の技術者の転職求人倍率は、いずれも3倍を上回る。全体の平均倍率1.85倍と比べて「超売り手市場」が際立っている。

人手不足感が特に強いのは、制御基板など組み込みソフトの開発エンジニア。自動運転の画像処理といった基幹部分の開発を担う。電子・電機業界といった「異業種」から採用する例が多く「40代、50代も当たり前」(河辺メイテックネクスト社長)という。

であれば職を求める若者もエンジニアを目指せばよいと思います。果たして人手不足であることの情報は届いているんでしょうか。