食品ロス削減へ、年月表示広がる 味の素やキユーピー 小売り、納品期限を緩和

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO20930210Y7A900C1EA5000/

味の素AGFは17年度中に、「ブレンディ」など主力商品の賞味期限を年月表示に切り替える。キユーピーは缶詰やレトルト商品で、大塚製薬も食品の一部で年月表示への切り替えを予定している。

日本では推定で年間約621万トンの食品ロスが発生する。国民1人が毎日おにぎり1個分の食品を捨てる計算で、国際機関による途上国への食糧援助量の約2倍にあたる。日本固有の問題として「3分の1ルール」と呼ぶ商習慣も指摘されている。製造日から賞味期限までの期間の3分の1が経過する前に小売業に納品するルールで、日本の消費者の過度な鮮度意識が背景といわれる。

小売り側も是正に乗り出しており、イオンリテールはメーカーや卸からの納品期限を従来の「製造日から賞味期限までの3分の1以内」から「2分の1以内」に緩和した。各社の動きはCSRの観点からの判断だが収益にも好影響を及ぼしそうだ。賞味期限が近づくと小売り側に権利が生じる返品を抑え、廃棄費用も省ける。

国内の食品ロスは途上国への食糧援助量の約2倍(日本はまだ少ない方)、3分の1ルール、30.10運動あたりがキーワード。