「お試し消費」冒険誘う 家具や服、購入前に納得感

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO88105510V10C15A6TI5000/

「スタイリクス」は、専属のインテリアコーディネーターが顧客の要望を聞いて部屋の家具を丸ごと提案する。仕組みは契約ごとに異なるが、基本的には最初に代金の約3割を支払う。最低利用期間の2年間は月に同3%を支払う。以降いつでも返却でき、返却時には初期の3割が戻る。もちろん気に入れば購入も可能。同社の売り上げは今年に入り前年同期比約3割増えた。

メガネ通販の「オーマイグラス」は、気になったメガネを自宅で1回につき5本まで無料で試せる。店頭だと「あれこれ試すのは気が引けて、早く終わらせようとして失敗してしまう」といったメガネ選びに悩む消費者をつかみ、売上高は毎年2倍のペースで増えている。

買い物の楽しみのひとつは、これまで手に取らなかったモノとの新たな出合い。「私、(買い物で)失敗しないので!」という環境が整えば、新たな出合いを求めて“冒険する”消費者は増えそうだ。

面白い。自分の趣向に合ったものが欲しい、というより、冒険したいという方が潜在的なニーズとしては高いし、高まる気がしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です