ユニクロ 売れ筋、アプリ経由で解析 性別・年齢 販売データと組み合わせ

9695999993819688E3E59AE5E18DE0E2E2E3E0E2E3E4869BE3E2E2E2-DSKKZO9635040020012016TI1000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ17H73_Q6A120C1TI1000/

集めたデータから個人属性と購入情報を組み合わせて分析し、通常の販売情報だけではつかみきれない流行などを把握する。例えば男性向け商品だが女性にも人気があることがわかれば、女性向けの色柄などを即座に追加するといったことが可能になる。

ユニクロはこれまで、POSレジを通じて商品ごとの販売量などは収集してきたが、顧客の属性はほとんど把握していなかった。アプリを使えば、レジで従業員が客の性別などを入力するのに比べて正確性が増すうえ手間も省けるとみられる。

既存データを使う時点で真新しくはないと思います。予測不能なものや意外性のある商品なども出して欲しいですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です