米IBM、「ワトソン」無料 会話・翻訳など6機能 AI使う開発促す

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22776470X21C17A0TI1000/

無料で提供するのは、ワトソンの「会話」「翻訳」「文章を基にした性格分析」「対話を通じた意思決定支援」「文章を基に感情や社交性を判断」など6つの基本機能。クラウドサービスの形で使ってもらう。

ワトソンの利用には最低で数百万円程度かかるため、導入をためらう企業が多かった。無償化で現在の大企業のほか、中小企業や個人で活動するソフト開発者、学生も利用しやすくなる。開発者の裾野を広げ、これまでにない使い方やサービスの開発を促す。

ワトソンは現在、45カ国20業界で導入された実績がある。日本ではメガバンク3行がコールセンターや店舗の問い合わせ対応の支援に使うほか、ソフトバンクも採用活動などに利用している。

かなり凄いことだと思います。APIがあって、それを使ってコーディングすることでサービスを作れると理解しています。