車・住宅、手軽に疑似体験 1000円ゴーグル装置で 博報堂が販促支援 スマホを活用

96959999889DEAE3E2EBE3E1E5E2E3EBE3E0E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKKZO8109139019122014TI0000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO81091370Z11C14A2TI0000/

新サービスには自動車メーカーや流通企業から引き合いが来ているという。博報堂は自動車の新商品体験、マンションの内覧、テーマパークの事前体験などを想定する。車の内装のオプション装備を付け替えた様子なども疑似体験できる。

スマホの活用や本体の大幅な簡素化で装置のコストは1千円程度。米フェイスブックが今年買収した米オキュラスVRが開発したVR用の本格装置は最低4万~5万円程度する。

VRを販促に使う動きは広がっている。三菱自動車はオキュラスの装置を使い、10月にSUVの運転席で「星空を見ながらのドライブ」を疑似体験するデモを実施。明治もカップアイスのキャンペーンに活用した。広告大手の博報堂が乗り出すことで、消費者にVRが身近になりそうだ。

VRも成長分野ですよね。装置コストも安い上に新たな消費を刺激しそう。体験してみたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です