「ワタミ高付加価値化、裏目」 創業者の渡辺美樹氏 事業継承に不備、経営復帰は否定

96959999889DEBE4E0E7EBEBE4E2E3EAE2E3E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO9625997018012016TI5000-PN1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO96259960Y6A110C1TI5000/

「2014年3月期と15年3月期で計約200億円の連結最終赤字を出したのは大変残念だ。創業者のリーダーシップに基づいた経営から集団指導体制への転換を図ったが、十分ではなかった。会社を引き継いだ者として強い責任を感じる」

「最大の失敗はメニューの高付加価値化だ。それはワタミ側の都合で、お客様の要望をくみ取っていなかった。都心部では総合居酒屋の時代は終わったが、地方はまだ需要がたくさんある。個々の事例にきめ細かく対応する必要がある」

「これからのワタミは僕がいない方が伸びると思う。地球上で一番たくさんのありがとうを集める会社という理念を掲げており、そのためにはもっと強く大きな組織にならねばならない。ボトムアップの経営が軌道に乗り始めた今、自分は戻るべきではない」

地方には商機を見出しているようです。リーダーシップ体制から集団指導体制へのケーススタディだと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です