全米巡るザッカーバーグ氏 分断修復の糸口探る

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12033820T20C17A1FFB000/

価値観や考え方が近い人同士がつながりやすいソーシャルメディアでは、共有される情報が偏りやすく、意見が極端になりやすい。それどころか、真実かどうかより、共感できるかどうかが重視される。「ポスト・トゥルース(真実)の時代」とも呼ばれるこの傾向こそが、偽ニュースが拡散する土壌を育んだという指摘だ。

ソーシャルメディアの力は正と負の両方向に作用する。エコーチャンバーは離れた場所にいる「似たもの同士」を引き寄せる一方、実社会における意見の対立を先鋭化し、共同体を分断した。選挙中に捏造され、独り歩きした偽ニュースを信じ込んだ男が何の罪もないワシントンのレストランを襲撃した昨年暮れの事件は全米に衝撃を与えた。

検閲ととらえられかねない偽ニュースの取り締まりに当初は消極的だったザッカーバーグ氏も方針を転換。第三者機関と連携した対策に乗り出した。「もしインターネット上で見知らぬ人と議論するのに疲れたら、外に出て人に話しかけてみるといい」。演説でオバマ氏がこう呼びかけたのは、決して偶然ではない。

「エコーチャンバー現象」に「ポスト・トゥルースの時代」。真新しい視点でしたし、ザック&オバマの言動と繋げて観ると興味深いです。