GW、近場も海外も活況 国際線の客数14%増 九州はキャンセル相次ぐ

96959999889DE2E0E2EBE3E5E1E2E2EBE2E7E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0209175009052016TI5000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO02091730Z00C16A5TI5000/

全日本空輸や日本航空、LCCのGW期間の国際線の旅客人数は前年同期比14.4%増の65万6944人だった。東南アジアや北米行きが好調だった。国内線は2.1%増の310万9612人。中国・四国方面などが堅調だった。

東京ディズニーリゾートの入場者数は「おおむね計画通り」で親子連れらでにぎわった。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンも堅調な客足だった。

熊本地震が発生した九州は落ち込みが目立った。JR九州の利用人員は前年同期比8%減った。

細かく見ると明暗が分かれているのも分かります。北陸新幹線は2年目で反動減。九州は地震の影響から復調傾向。