中韓、集団的自衛権も批判 両首脳、対日連携強める

http://www.nikkei.com/article/DGKDASGM04H14_U4A700C1FF1000/

両首脳は、安倍晋三首相が進める集団的自衛権の行使容認について「様々な国が憂慮を表明しており、日本国民の過半数が反対している」と指摘。そのうえで「平和憲法に沿って推進しなければならない」という点で一致した。

慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた河野洋平官房長官談話の検証には「事実上、談話を毀損しようとする意図がうかがえる」と懸念を表明した。そのうえで慰安婦問題を巡る関連資料の共同研究などを積極的に推進する方針を示した。

日本人拉致被害者を巡る問題には、進展に理解を示しつつ、北朝鮮への制裁の一部解除について「核問題を巡る国際協調を壊す憂慮がある」との認識で一致した。

中・韓・日・米、それぞれの思惑が交錯したり、配慮したり、なんだか気持ちの悪い状態です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です