「サイバー攻撃、やめぬ中国」 人民解放軍の犯行を特定 米セキュリティー会社COOに聞く

http://www.nikkei.com/article/DGKDZO72660530T10C14A6EA1000/

「7年前、ある組織からサイバー攻撃の被害対応を依頼された。その後、同様の手口で被害を受けた組織が増え、141にまでのぼった。当社への依頼数だけでそれだけの数だったから、実際はもっと多くの組織が攻撃を受けていただろう」。

「興味深いのはサイバー攻撃を米国企業だけでなく、中国企業にも仕掛けている点。経済活動すべてを把握しようとしている」。

「中国には似たような組織が20以上あり、そのうち10以上は人民解放軍の部隊である証拠をつかんでいる。シリアやイラン、ロシアなども国家的なサイバー攻撃をしかけているが、規模で見れば中国が圧倒的だ」。

至る所でサイバー攻撃が行われているんだろうな。人民解放軍、恐ろしや。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です