インド、インフラ整備に力 鉄道・空港 官民で連携、財政健全化へ工程表

969599969381959FE3E2E2E0948DE3E2E2E5E0E2E3E69494E0E2E2E2-DSKDZO7408894011072014FF2000-PB1-4

969599969381959FE3E2E2E0948DE3E2E2E5E0E2E3E69494E0E2E2E2-DSKDZO7408893011072014FF2000-PB1-4

国や州の基幹道路整備に今年度に約3800億ルピーを拠出。全国100カ所にインフラが整った現代都市を創出する計画に700億ルピーを投じる。モディ新政権は、高速鉄道や空港などインフラ整備で民間企業の資金やノウハウを活用する。

モディ政権は産業育成に向けては、予算案のなかで、防衛、保険の2分野で外資規制を緩和し、外資の出資上限を引き上げることを明言した。

もっとも、一方でインドは慢性的な財政赤字に苦しむ。予算案では、この赤字圧縮に向けた工程も示した。13年度に4.5%だった財政赤字の国内総生産(GDP)比率を15年度に3.6%、16年度には3%に引き下げる目標だ。

モディ政権が動き出しました。財政健全化をめざしながら、産業振興を進めていく政策になるようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です