海上安保協力を強化 日スリランカ首脳会談 巡視艇供与へ調査 中国を意識 地デジに円借款137億円

96959996889DE5E4E5E4E0E2EAE2E2EAE2EBE0E2E3E68297EAE2E2E2-DSKDZO7676210008092014PE8000-PB1-8

海上安全保障などを話し合う関係省庁の局長級協議を新設し、日本の巡視艇供与の調査に入る。地上デジタル放送の整備などで約137億円の円借款の交換公文に署名した。

日本にとってスリランカは経済、安保の両面で重要な場所にある。中東産油国や東アフリカ市場との中継地点にあたり、中東・東アフリカ沖を航行する民間船舶が海賊対策で警備要員を乗せる際の拠点の一つだ。スリランカはインド洋の物流拠点をめざしている。同国の沿岸警備庁は10年に始動したばかりで、外洋に面した島国で高い海上保安能力を持つ日本に支援を求めていた。

インド洋沿岸国に港湾拠点を確保する「真珠の首飾り」と呼ばれる戦略を進める中国もスリランカに秋波を送る。09年のスリランカ内戦終結後に高速道路の整備や港湾・空港の大型開発などで援助を拡大し、08年まで最大の援助国だった日本を支援規模で上回る。

バングラデシュにいたかと思いきやスリランカへ。安倍外交積極的。地理的な要衝ということで各国が秋波を送っている様子ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です