北朝鮮、対米非難強める ネット障害「米が攻撃」 対抗措置の可能性示唆

969599999381959FE0E59AE7868DE0E5E3E0E0E2E3E69494EAE2E2E2-DSKKZO8143095028122014FF8000-PN1-4

969599999381959FE0E59AE7868DE0E5E3E0E0E2E3E69494EAE2E2E2-DSKKZO8142692027122014FF8000-PB1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM27H5T_X21C14A2FF8000/

北朝鮮はもともと独裁体制の維持に向け米国との和解を外交の最優先課題にあげる。中国との関係が悪化しているだけになおさらだ。今秋には、拘束していた3人の米国人を解放するなど、米朝対話の再開が取り沙汰される時期もあった。

これに対し、米オバマ政権はウラン濃縮の停止などを盛った2012年2月の米朝合意を同年4月の弾道ミサイル発射でほごにした正恩氏に強い不信感を持つ。人質解放後も、米側は「核・ミサイル問題などが進展しない対話のための対話はしない」との立場を崩さず、北朝鮮側を失望させた。

国際的な孤立を避けたい本音も見え隠れする。27日の談話で北朝鮮は米映画会社へのサイバー攻撃に関する共同調査を改めて提案した。正恩氏は24日、故金大中・元韓国大統領の夫人に親書を送った。韓国内には北朝鮮との対話を求める勢力も多い。南北接触を足がかりに局面打開に動く可能性もある。

韓国が打開のカギを握る展開もありえるかもというわけですか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です