北朝鮮、ネット接続不安定 サイバー攻撃受ける? 米「作戦の詳細は公表せず」

969599999381959FE0E19AE6E78DE0E1E3E0E0E2E3E69494E0E2E2E2-DSKKZO8124741024122014FF2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM23H45_T21C14A2FF2000/

北朝鮮のインターネットが19日から断続的に接続できなくなっていることが22日分かった。米専門家によると、北朝鮮が何らかのサイバー攻撃を受けた可能性もあるという。米国務省のハーフ副報道官は22日の記者会見で北朝鮮への報復を含めた作戦の詳細は「公表しない」と述べ、米政府が攻撃に関与したかへの言及は避けた。攻撃の背後関係は謎のままだが、米朝の対立が深まるのは避けられそうにない。

戦場がサイバー空間になると気持ちの悪い恐ろしさがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です