シリコンバレー再膨張 非IT企業も近隣に研究所 マクドナルドやウォルマートなど

969599969381959FE3E6E2E39D8DE3E6E2E5E0E2E3E69494E3E2E2E2-DSKDZO7436845017072014FF1000-PB1-9

969599969381959FE3E6E2E39D8DE3E6E2E5E0E2E3E69494E3E2E2E2-DSKDZO7436846017072014FF1000-PB1-9

マクドナルドは中心部に「グローバル・デジタル・チーム」の開発拠点を新設。ウォルマート・ストアーズの新研究所は2棟で1万2000平方メートルの広さ。ソフトウエア技術者など1000人を採用し、シリコンバレーの研究開発体制を倍増する。

独ダイムラーも昨年11月、自動運転技術の研究所を開設した。旺盛な不動産需要は、地域のオフィス賃料を2年連続で年20%押し上げた。

ただ、すべてバラ色ではない。移民制度改革の停滞が、好循環に影を差しかねない状況だ。人材の獲得競争が激しいIT企業は高い技能を持つ海外の技術者に割り当てるビザ発給枠の拡大を求めているが、聞き入れられない。

IT化という筋肉を鍛えるためには震源地に居を構えるというのが一番良いのでしょうね。シリコンバレー行って刺激を受けてきたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です