米「裏庭」の安定狙う キューバと国交正常化交渉 半世紀ぶりの転換

969599999381959FE3E59AEA908DE3E5E3E0E0E2E3E69494E0E2E2E2-DSKKZO8104810018122014FF2000-PN1-5

969599999381959FE3E59AEA908DE3E5E3E0E0E2E3E69494E0E2E2E2-DSKKZO8104811018122014FF2000-PB1-5

969599999381959FE3E59AEA908DE3E5E3E0E0E2E3E69494E0E2E2E2-DSKKZO8104812018122014FF2000-PB1-5

969599999381959FE3E59AEA908DE3E5E3E0E0E2E3E69494E0E2E2E2-DSKKZO8104813018122014FF2000-PB1-5

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM17H8B_X11C14A2FF2000/

オバマ米大統領が歴史的なキューバとの国交正常化交渉を始める背景には主に3つの理由がある。ひとつは在任中の「レガシー(政治的な遺産)」づくりだ。もうひとつは米国の裏庭といわれる中南米を結ぶ地政学的な重要性。そして最後は米国内で増加するキューバ系移民の政治的な影響力だ。1961年の国交断絶以来、ほぼ半世紀ぶりに両国が接近する。

政治的な判断が大きそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です