芸術祭、地域に活力 越後妻有、瀬戸内…100以上に 観光客増加、移住者も

96959999889DEBE3E3E3E1E4E5E2E0EAE2EAE0E2E3E79F9EE2E2E2E2-DSKKZO9111369028082015ML0000-PB1-3

96959999889DEBE3E3E3E1E4E5E2E0EAE2EAE0E2E3E79F9EE2E2E2E2-DSKKZO9111370028082015ML0000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO91113670Y5A820C1ML0000/

大地の芸術祭は越後妻有地域で開催、東京23区を上回る広さに約380作品が点在する。ミュージアムは一部で、民家を改修した施設、廃校や屋外などにある作品を入場料にあたるパスポートを購入して見て回る。新潟県などがアートディレクターの北川フラム氏を招いて2000年に始めた。新潟県全体に与えた経済効果は約46億円と推計され、ボランティアとして参加するうちに地元に移住した人もいる。

同じ北川氏を迎え、香川県などが始めたのが瀬戸内国際芸術祭だ。初回は約93万人が来訪。規模を拡大した第2回は約107万人に増え、経済波及効果は132億円に達した。来年開幕する第3回に向け、今夏は関連イベントを開き、「瀬戸内『食』のフラム塾」を設け人材育成も進めている。

長野県の諏訪湖周辺では「諏訪湖まちじゅう芸術祭」が始まった。今年で11回目。17の美術・博物館を1枚の共通パスポート(2700円)で巡ることができる。製糸や精密加工などの産業が栄えた地元では、美術品や時計やオルゴールを展示する施設が多い。

ちょっとビックリなんですけど。地域活性にどこも苦戦していながら、芸術祭でこれだけ人が集まっているとは。魅力がまだピンと来ていません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です