対ロ制裁継続で一致 米独首脳が会談 ウクライナの主権尊重確認

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM07H2T_X00C15A6FF8000/

米側が対ロ経済制裁で独走すると欧州勢との足並みの乱れを表面化させかねない。ロシアにもつけ込まれるおそれがある。時間をかけながらドイツなど欧州勢とG7の枠組みで認識を共有し、対処しなければ、経済制裁の効果も期待できなくなる。

中国が強行する南シナ海の岩礁埋め立てもウクライナ危機の構図と似た部分がある。欧州勢にとって南シナ海は地理的に遠く、日米などと比べると切迫感はない。AIIBにも欧州の主要国は参加する。欧州側が「経済の実利」を優先したいと考えた場合、中国と事を構えるのは得策でないと思っても不思議ではない。

アジアから唯一参加する安倍首相もオバマ氏と同様の立場を示す見込みで、ウクライナ危機と中国の南シナ海の問題では日米が原則論を盾にG7の議論を主導する公算が大きい。首脳宣言にもその趣旨が明記され、G7の枠組みでの中ロへの対処をあらためて固める方向だ。

EUのトゥスク大統領も対ロ強硬姿勢。G7は完全に日米主導で対ロ、対中が鮮明になりそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です