在庫、GDPにどう影響? 生み出された価値に計上、減って押し上げる場合も

96959999889DEAE5E3E0E1E7E3E2E0E0E2E7E0E2E3E79797EAE2E2E2-DSKKZO8712352022052015EE8000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO87123510S5A520C1EE8000/

注意が必要なのは、GDPではその時点の在庫の量ではなく、前の期からどのくらい増減したかが重要になる点だ。

在庫変動がGDPを押し上げるケースは2つある。まず100の在庫を持つ企業の事例を考えよう。2期目に在庫が110に増えたとすると、増えた分の10をGDPに計上する。在庫が3期目に150に増加すると、増加幅は前の期に比べて30増え、GDPはこの分高まる。

反対に企業が在庫を減らす局面では、前期からの減少幅が小さくなるとGDPを押し上げる。3期目の在庫の減少幅が2期目の30から10に縮小すれば、この差である20がGDPを押し上げたと計算する。1~3月期はこれに当てはまり、在庫要因だけでGDPは年率2.0%高まった。

そうそう、在庫とGDPの関係がよく分からなかったんです。1~3月期は前期より減少幅が小さいということでGDPを押し上げたパターン。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です