経常黒字、昨年度4年ぶり増 訪日消費が原動力 旅行収支55年ぶり黒字

9695999993819481E3E19AE6E78DE3E1E2E7E0E2E3E79793E0E2E2E2-DSKKZO8674268013052015EA2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS13H45_T10C15A5EA2000/

日本の「稼ぐ力」の構造が変わってきた。2014年度の国際収支統計によると、訪日客による消費が貢献して旅行収支は1959年度以来、55年ぶりに黒字となった。海外へのM&Aも増え、投資を通じた収益も過去最高を記録した。日本経済のけん引役は自動車や家電などモノの輸出から投資やサービスに移りつつある。

旅行収支は日本を訪れた外国人が宿泊や飲食などに使ったお金(受け取り)から、日本人が海外で支払ったお金(支払い)を差し引く。13年度の5304億円の赤字から14年度は2099億円の黒字になった。

海外に出かける日本人の数は東京五輪の開催や東海道新幹線の開業など高度成長期にあった1964年以降、増加傾向が続いていた。2000年代以降は横ばい圏だ。日本人が海外の旅行先で使ったお金を示す旅行収支の支払いは14年度が2兆245億円で、前年から4%減った。

ふむ、海外に出かける日本人の数は2000年代以降横ばいだそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です