欧州、高まるデフレ懸念 アジア欧州会議で指摘 G20、経済対策議論へ

9695999693819694E3E19AE2958DE3E1E2EBE0E2E3E69C9CE3E2E2E2-DSKDZO7707592014092014NN1000-PB1-2

8月のユーロ圏の消費者物価は前年に比べ0.3%の上昇にとどまり、イタリアでは前年を下回った。ASEM財務相会合では「欧州経済は2014年後半も弱まる可能性が高い」とし、世界経済の下振れリスクに言及した。米財務省高官が12日、世界経済の現状を「成長が鈍化し、一部の地域でデフレが主要なリスクになりつつある」と述べるなど、厳しい認識が広がっている。

こうやって見ると日本は物価上昇率高いんですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です