ブラジル政治混乱 深刻 前大統領に身柄拘束要請

969599999381959FE3E39AE5E38DE3E3E2E1E0E2E3E49494E3E2E2E2-DSKKZO9835194012032016FF1000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM11H71_R10C16A3FF1000/

ルラ氏は2003~10年に大統領を務めた。09年のリオデジャネイロ五輪の誘致成功の立役者だ。ルセフ氏を後継指名しており、現在も政権に強い影響力を誇る。

ルセフ政権の支持率は13年3月には65%と高かったが、今年2月時点では11%まで低下している。ブラジル民主運動党(PMDB)内には、連立の解消を求める声も一部に出ており、与党の基盤は揺らぐ。

疑惑拡大を受けて金融市場はルセフ氏の退任の可能性を織り込み始めた。通貨レアルは10日、対ドルで昨年8月以来の高値をつけた。株価指数ボベスパも終値で昨年8月以来の水準だ。

日本の大企業も撤退せざるを得ない状況。ブラジル政治・経済がかなり危機であることを認識しました。