インド堅調 7%成長 4~6月、消費伸びる 資源安も追い風

969599999381959FE1E39AE4968DE1E3E2EAE0E2E3E79793E0E2E2E2-DSKKZO9119756031082015EA2000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM31H6D_R30C15A8EA2000/

消費現場では高額商品の売れ行きが良くなっている。新車販売は4~6月期に6%伸び、直近の7月も11%増えた。ガソリン安が消費者心理を改善している。

インド経済が堅調なのは、新興国の成長パターンである「対中輸出型」と「資源輸出型」の「どちらにも該当しない唯一の主要新興国」(印格付け会社インディア・レーティングス・アンド・リサーチのスニル・シンハ氏)だからだ。

インドの対中輸出は輸出総額の8%。GDPに占める割合も2%で、10%超の国が多い東南アジアに比べ、中国の景気減速が響きにくい。原油輸出に頼るロシアなどとも異なり、インドは資源の純輸入国だ。資源安は経済の追い風になる。

対中輸出に頼る度合いが低く、資源の純輸入国であることが好調の背景にあるようです。経済構造が新興国でも違って興味深い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です