消費増税、現金離れ招く 「1円刻み」価格で電子決済伸び 1円玉増産でも流通量増えず

96959996889DE5E6E7E6E5EAEBE2E0E3E2E5E0E2E3E69C9CE3E2E2E2-DSKDZO7454791021072014NN1000-PB1-5

1円単位の細かいお釣りを嫌う消費者が増え、電子マネーの決済件数は前年同月比で2桁の伸びとなり、クレジットカードの利用額も増えている。

鉄道各社が増税を機に「1円刻み運賃」を導入し、電子マネーの方が安く切符を買えるようになったことも、現金離れを促した。JR東日本の「スイカ」や東日本の私鉄などで利用できる「パスモ」も前年同月比で2桁の伸びになっており、普及に弾みがついた。

一方で一円玉の流通量は6月末で388億枚にとどまり、3月末に比べて1億枚少なくなった。財務省は今年2月、消費増税で一円玉の需要が伸びるとみて、4年ぶりの増産に踏み切ったが、今のところ当てが外れた格好だ。

そうですか。個人的に電子マネーに乗り遅れてるのでそろそろ検討しようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です