未来を創る教養とは 教育はいつか役立つ財産

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23872650U7A121C1TCL000

教養は基礎的な知識の積み重ねがあって初めて磨かれるものでしょう。たとえば外国の歴史や文化を知り、知識が結びついていく過程で、人々の価値観や人生観への理解を深めていけるようになると思うよ。

いま君たちは高校でたくさんの知識を学んでいます。蓄積された知識が、やがて化学反応を起こし、新たな知識の体系を築くことができるはずだよ。それが教養を磨くことにつながるのです。

フィリピンではゴミの山から資源を集めては売り、労働力として生きる子どもたちがいます。そんな貧しい地域で生まれ育ち、教師になった若者がいました。彼が語ってくれました。「私にとって教育とは決して人に盗まれることのない財産です」と。君たちも、いまこうして学べることがどれだけ幸せなことであるか考えてみてください。

見事に経験や教養、教育の大切さを結びつけられています。改めて教養の大切さを実感しました。