巣立つ学生たちへ 世のために、人のために

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO11698270U7A110C1TCL000/

リベラルアーツとは、人間が自由な人間であるために必要な教養とでも定義できましょうか。私の講義では、いかに生きるべきか、世のため人のためになるとはどういうことか、歴史を振り返りながら、考えてもらおうとしてきました。

茨の道であっても、「世のため、人のため」に取り組むという決意。聞いていて嬉しくなりました。リベラルアーツの取り組みが、こういう形でも成果になっていることが実感できたからです。

京都大学の大学院に進みながら、経済産業省への就職を決めた学生もいました。国の産業政策に関与することで、人々の役に立ちたいということでした。テレビで科学番組を作りたいとNHKディレクターとして就職が決まった大学院生。科学を多くの人に理解してもらえる仕事をしたいと考えました。これも「世のため人のため」です。

リベラルアーツに関心があったので、この記事を読んでしばらく学んでみようかと思いました。