AI時代、読む力を養え 無償化より教育の質向上

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24153540R01C17A2TCR000

教科書を正しく読む力がないと自学自習ができない。大学生や社会人になって、新しい能力を獲得したり、能力を高めたりする土台がない。それではAIに負けない人材にはなれないだろう。

戸田市では12の小学校、6つの中学校に勤める教師の4分の1がボランティアで集まり、RSの問題づくりや対策を練っている。「今まで、日本語を正しく読み取れないことと学力とを結びつけて考えていなかった」(新井指導主事)指

教育現場ではプログラミングなど新しい授業も始まり、RSが入り込む余地は小さいように見える。それでいいのだろうか。学歴社会の変遷に詳しい、関西大東京センター長の竹内氏は「必要な知識や技能が不足しているのが大半(の学生)なのに、『古い学力はいらない』というような議論が幅をきかせ、それに迎合する風潮がある。教育ポピュリズムを警戒すべきだ」という。

簡単な問題だと思いますが、正答率の低さに驚きました。リーディング・スキル・テストの重要性が分かりました。