都立「大きな脅威に」 私立「選択肢広がる」 都の私立高無償化に波紋

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO11761830W7A110C1CR8000/

都立高からは反発の声が聞かれた。ある難関校の校長は身構える。東京では中学から私立を選ぶ家庭が多い。この校長は「私立中入試の激化は避けられない。公立中の教育への影響も心配だ」と話す。

日能研の情報誌「進学レーダー」の井上編集長も「経済的な負担が軽減されれば、私立中学受験をした方が子供の選択肢が広がると考える保護者は多い」と指摘。「中学受験する世帯の年収は800万円以上が多いというが、中高一貫校で高校の3年間が実質無償化すれば、こうした年収以下の家庭にも中学受験が一気に広がるのではないか」と話す。

すでに大阪や埼玉なども無償化しているそうです。何より子どもの選択肢という点から考えないとならないと思います。