塾代、中高生に重く 文科省調査 公立高10万6000円、私立中高も最高

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24973440S7A221C1CC1000

文部科学省が公表した子供の学習費調査(2016年度)で、公立高校生1人当たりの年間の学習塾費用が10万6千円と過去最高となった。私立高・中も過去最高。国は低所得世帯の授業料などの負担を軽減するため財政支出を拡大する方針だが、学校外での教育費負担が重くなっている実態が浮かび上がった。

調査は1994年度から2年ごとに実施。学校教育費、学校給食費、学校外活動費を集計する。学校外活動費のうち学習塾費は初めて10万円台に達し、4回連続で増えた。文科省によると、受験直前ではない中高1、2年生で塾に通う割合が増えたという。

学習塾のほか家庭教師、図書費なども含めた補助学習費を世帯収入別に比較すると、収入が高いほど支出が多かった。公立高の場合、年収400万円未満の世帯の補助学習費は平均6万9千円だったのに対し、年収1200万円以上は同35万4千円と大きな開きがあった。

財政支出は学校教育費に対してでしょうから、学校外活動費は家計に重しですね。格差が相当あります。