未来を創る教養とは 「学び」にムダなんてない

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23627510X11C17A1TCL000

高校で受験勉強に追われていた当時、「こんな勉強をしていて将来、一体、何の役に立つのだろう」と感じていたことを覚えています。ところが不思議なものですね。社会に出てから、意外な発見が何度かありました。

高校生のころ、苦手で楽しくはなかった科目でも、必死に学びました。覚えた知識が後の人生で役に立つのかわかりませんでしたが、いま花開いたのです。

米マサチューセッツ工科大学を視察して驚いたことがあります。「先端的知識は、4~5年後には陳腐化してしまう」。だからこそ「考え抜く力、答えを見つけ出す力を養うことが大切だ」と指摘されたのです。まさに「すぐに役に立つことは、すぐに役に立たなくなる」のです。

「すぐに役に立つことは、すぐに役に立たなくなる」。以前もこの話があり、衝撃を受けたのを覚えています。