大学入試、知識より思考 今の小6から新テスト 中教審答申案 英語で数学出題、1点刻みを廃止

9695999693819695E0E2E2E6858DE0E2E2E4E0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKDZO7309500021062014EA2000-PB1-2

9695999693819695E0E2E2E6858DE0E2E2E4E0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKDZO7309501021062014EA2000-PB1-2

中央教育審議会(中教審)は答申案で、大学生に必要な学力を「知識・技能を使える能力」と明記。教科の枠組みにとらわれず、思考力をはかる出題形式を新たに採用する。

多面的な人物評価を通じたグローバル人材の育成が狙いだが、具体的な出題内容や評価基準などの制度設計は道半ばだ。

答申案が示された発展レベルは、現在、小学6年生で2021年春に入学予定の受験生から導入される。センター試験との主な違いは、実施回数と実施教科、成績表示の方法の3点だ。

知識より思考、いいね。より精度高く人物評価できるように詰めていけばいい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です