眠りの通説 根拠に「?」 8時間睡眠で健康・90分の倍数で・肌には10時~2時…

96959996889DE5E6E7E2E2E4E6E2E3EBE2E5E0E2E3E69F88E6E2E2E2-DSKDZO7450065019072014MZ4000-PB1-6

96959996889DE5E6E7E2E2E4E6E2E3EBE2E5E0E2E3E69F88E6E2E2E2-DSKDZO7450066019072014MZ4000-PB1-6

専門家の間では「適切な睡眠時間は個人差や年齢差があり、一律に8時間と決められない」というのが共通認識。日本の成人の睡眠時間は6時間以上8時間未満が多く、通常は年を重ねるごとに時間が短くなる。

「睡眠時間は90分の倍数がよい」といわれるようになったが、これも肯定するだけの科学的根拠はないという。内山主任教授によると眠りの周期は平均100分で、同じ人でも日によって微妙にずれる。

成長ホルモンは眠りはじめの2~3時間の深い眠りのときに多く出るが、「時間帯と成長ホルモン分泌を結びつけるべきではない」と内山真日本大学主任教授は指摘する。

週末の睡眠時間によって個人の適切な睡眠時間を見極めるという話が一番納得できました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です