ビール3社、すかいらーくに100億円出資 販促へ顧客データ活用

9695999693819688E3E3E2E7888DE3E3E2EBE0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKDZO7697910012092014TI0000-PB1-2

ビール各社は新製品をメニューに載せ、どんな顧客層が主に飲んでいるかを割り出したり、どんな料理と一緒に注文されることが多いか分析したりといった活動ができる。すかいらーくは酒類の販売を増やして客単価を引き上げ、客足が鈍る夜間の集客力を高めるなどの効果を見込める。

客層が限定されがちな居酒屋に比べ、子育て中の主婦や若者、シニア層の利用が多いファミレスは新規顧客の開拓に役立つ。アサヒの小路明善社長は「ファミレスを含め、あらゆる業態と連携を深めることが重要だ」と話している。

アサヒはバーミヤンで、瓶ビールとギョーザのセットを通常よりも割安で提供するキャンペーンを10月中旬まで実施する。キリンはロイヤルホストなどに生ビールの品質管理の手法を伝える。サントリーもサイゼリヤでノンアルコールビール「オールフリー」の取り扱いを始めた。

すかいらーくのもてっぷりが凄い。こういう話題を聞くと行ってみようかなと興味持ちます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です