クリーニング 事業者の9割、長期保管苦慮 預かり25年超も

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21881930U7A001C1CR8000/

全国の約9割のクリーニング店が仕上がり日を大幅に過ぎた品物を保管していることが、全ク連の調査で分かった。預かり期間が25年を超えるケースもあった。

長期保管になった理由は「客が転居、亡くなる等連絡が取れなくなった」(64.3%)や「客が忘れている」(62.5%)、「客に連絡しても引き取りに来ない」(47.7%)が多数を占めている。

事業者の声が高まり、全ク連が調査に踏み切ったという。調査に合わせ、客に速やかな引き取りを呼びかけるポスターを7500枚作り、加盟業者に配布した。

こんな問題が起きていたとは。明確に保管期間と処分の周知をすればよいだけだと思いますが。