アデランス、髪の「コト消費」めざす MBO機に戦略転換 定額制で増毛やカット

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15022410W7A400C1TJC000/

男女向けの新増毛ヘアシステムは買収した米国の子会社から逆輸入したサービスだ。かつら本体のほか、カットやパーマ、毛染めなどの関連サービスを定額制で提供する。「かつらを売る『モノ消費』から、毎月美容室でパーマなどを楽しむ『コト消費』への転換を促す。水泳や温泉旅行、出張を不安なく過ごしてもらいたい」(津村氏)。

アデランスはここ数年、新規出店などで売上高を伸ばしていたが、利益は頭打ちだった。低価格かつらの普及などで、高級品に強い同社から顧客が逃げたためだ。

再建のため、投資ファンドのインテグラルの力を借りたMBOで上場廃止となり、経営の自由を手に入れた。最大手のプライドを捨て、同業スヴェンソンが先行する定額制で経営立て直しを急ぐ。

定額制ではスヴェンソンが先行しているらしいです。時代の流れに乗ったモデル転換ではあると思います。