イオン、朝採れ野菜直送 直営農場強み、昼には店頭に 地域に密着、物流刷新

96959999889DEBE7EAE6E3E7E6E2E2E4E2E3E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO9584156006012016TI5000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO95841540W6A100C1TI5000/

全国19カ所に直営農場を持つイオンアグリ創造が野菜を収穫、各農場の近くにあるイオン5~10店に直接届ける。季節や天候、野菜の種類により異なるが、おおむね午前中に収穫した野菜が昼頃に売り場に並ぶ。

全国規模で展開する一般的なスーパーでは、生鮮野菜は産地から市場や大型の物流センターを経由して店に運ばれる。このため「売り場に並ぶのは収穫の翌日や翌々日になることが多かった」(イオン)という。

スーパー各社はコンビニエンスストアなどと違いを出すため、鮮度が高い地元の生鮮品の取り扱いを増やしている。ただ地場のスーパーに比べ、全国展開する大手は地域の生産者などとのつながりが弱いといった課題があった。イオンは直営農場を持つ強みを生かし、鮮度の高い商品を増やして集客につなげる。

えげつなさも感じますが、地場のスーパーもインフラとしては必要なので、頑張って欲しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です