農業女子、ネット販売で新風 野菜や生花、2年で2割増

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS05H3M_W6A400C1EE8000/

農業に従事する女性が手掛ける農産物のインターネット販売が伸びている。農林水産省の調査によると、2014年度の件数は490件と12年度より23%伸びた。野菜や生花など、女性の視点を生かした作物づくりとネットの組み合わせへの支持が広がっている。

熊本県宇城市の宮川洋蘭は従業員約30人のうち女性が8割を占める。育児中の女性が育てた洋ランなどのネット通販に注力しており、同部門の売上高は会社全体の半分を占めた。

もう少し深掘りしたいところです。女性の視点が商品開発やマーケティングにどのように生かされたのか。