AI 教材ゼロで超人に 競争して進化 研究に転機

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24421330Y7A201C1MY1000

「人間の知識なしで囲碁を極める」。英ディープマインドはネイチャーにこんな論文を投稿した。研究者たちを驚かせたのは基本ルールを授けただけで独学で上達し、アルファ碁の先輩たちをしのいだことだ。東京大学の田中准教授は「最小限の知識だけで人間を超えた」と意義を説明する。

従来のアルファ碁は大量のデータから特徴を自ら見つけるディープラーニングを土台としていた。高段者の棋譜を読み込み学んだ。その後、AI同士の対局を繰り返すことで腕を上げていった。これに対し、ゼロはいきなり自己対局を始める。よい手を模索しながら急激に上達。アルファ碁を圧倒するほどの腕前になった。

注目を集めるのは、グーグルの研究者グッドフェロー氏が提唱した「敵対的生成ネットワーク」だ。この技術を応用し、AIのミスを指摘して修正するAIの研究も米国で進んでいる。新しい洋服のデザインを作ることなどに応用できる。将来は自動運転のためのシミュレーションなどに使える可能性がある。

すでにディープラーニングの次へ来ているのが驚きです。ゼロで人間の得意分野も脅かされるのでは。