エアビー、経済効果9200億円 訪日客2.7倍 昨年、日本で8割増

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ24I2M_U7A420C1TI1000/

米エアビーアンドビーは、日本国内で掲載されている民泊がもたらした経済効果が2016年に9200億円と15年比で8割増えたとの推計をまとめた。利用者の多くを占める訪日客は2.7倍になった。ただ掲載件数が増えて競争が激化し、貸し手の年間貸し出し回数などは減った。

都道府県別の宿泊者総数に占めるエアビー利用率が最も高いのは、同社の調べでは大阪府だった。大阪市内の民泊をエアビーを通じて予約した中国人の賈敬濤さん(30)は家族6人で利用。「1人あたり3千円程度と安いうえ、日本食が苦手な両親のために自炊できるよう民泊を選んだ」と話した。

民泊分析会社「はりうす」の独自調査では都内は少なくとも約1万5千件、大阪府内は同約1万1300件にのぼる。地方も盛況だ。香川県三豊市のゲストハウス「二升五号」は農村にあるが「エアビーに掲載したことで外国人が多い」(大西代表)。

韓国、中国、米国、香港、台湾の順に利用者が多いそうです。規制緩和で民泊は競争激しくなるでしょうね。