エアビー、全日空と提携 共同で航空券予約サイト 旅行の一体提案探る

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23174830X01C17A1TI1000

宿泊先と航空券を組み合わせて販売するのは、JTBや楽天といったリアルとネットの大手も得意とする。これに民泊事業者が加わることで、価格やサービスの競争が激しくなりそうだ。

ANAホールディングス傘下のピーチ・アビエーションとも連携する。エアビーは宿泊だけでなく個人が提案する体験プランも仲介している。共同サイトで航空券とともにエアビーの宿泊や体験プランを提案する。ピーチの運航便を利用する顧客には個人旅行客が多く、エアビーとの相乗効果が高いとみている。

エアビーは旅の選択肢を広げてきた。16年、米ロサンゼルスで旅行に関するすべてを同社のアプリで完結できる構想を明らかにした。現在はホテルの予約や体験プランの仲介を手がけるが、航空券の選択肢はない。全日空との連携は旅の総合的なサービスを提供するための足がかりになりそうだ。

親和性が高いでしょうし、リスクは少ない提携。エアビーはパソナなどとも提携して包囲網を固めています。