アマゾン、AIで反攻 クラウドに動画認識や翻訳 グーグルが猛追 首位死守めざす

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24098420Q7A131C1TJ1000

ひとつは動画認識で、ネット上をリアルタイムで流れる動画や保存された動画を分析し、特定の動きや人の顔を認識することができる。もうひとつは音声認識と翻訳だ。複数の人の声を英語や中国語、フランス語などに起こすことが可能だ。

背後にあるのはライバルの攻勢だ。「顧客が我々に契約を切り替えている。データ分析や機械学習が評価されている」。決算会見の場で、グーグルのピチャイCEOはクラウド事業の成長力を誇示した。マイクロソフトのナデラCEOも「引き続きAIを駆使した安全性の高いクラウドに投資する」と述べた。

調査会社のカナリスによるとクラウド市場のシェアは2017年7~9月期でアマゾンが31.8%なのに対し、マイクロソフトは13.9%、グーグルは6%。だが売上高の成長率は前年同期比でマイクロソフトが90%、グーグルが76%とアマゾンの42%を上回る。

見事に競争原理が働いていると思います。シェアはAWSが約30%ということなので、そこにAIも入れば価値高まります。