アマゾン、店頭スマホ決済 国内、楽天などと競争 精算早く、サイン不要

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24160260R01C17A2TJ2000

消費者はクレジットカードのようにサインを求められることもない。会計にかかる時間が減るので店舗にもメリットがある。決済サービスを提供するネット企業も実店舗での購買記録をデータとして把握できる。

ベイスはオンライン決済のシステムを都内の飲食店で導入した。両備システムイノベーションズと組み、注文から支払いまでスマホでできる。店内に掲示してある2次元バーコードを来店客がスマホのカメラで読み取って、注文ページを開く。

野村総合研究所によると、電子マネーなどを含む電子決済の市場規模は23年に114兆円と、17年から5割強伸びる見通しだ。スマホ決済では日本企業、米国企業に加え、アリババ集団も日本人向けにサービスの提供を始める見通し。

いまはだいぶサイン不要の暗証番号だけというのが増えている気はしますが。多様な選択肢ということでしょうか。